変えてゆく勇気 -「性同一性障害」の私から

久々のGID本感想アップになっちゃいました。
世田谷区議会議員の上川あやさん著です。

偶然、Twitterで上川さんを知り、
偶然、Twitterで家から近い場所で「性同一性障害と人権」の講演をやると知り、
聞きに行くのなら本を読まなければと思い読みました。

上川さんは僕より2歳年上の方です。
なので、成長課程の時代背景や感じ方がまったく同じなんですよね。
読んでいて何度も泣きそうになりました。

生い立ちの話はまったく同感できるんです。
自分っていったい何者なんだ?! を自答自問しながら過ごしていた中・高時代。
女らしくしようと頑張っていた社会人1年目〜約8年位。
上川さん同様、仕事を必死にやることで何者なのか?の疑問や悩みを
吹っ切ろうとしていたのもまったく同じで。
その頃から「ひとりで生きていくんだ」ってず〜と感じていたから・・・
結婚することなんて考えてもいなかったし、ならば仕事で自立ってな具合で。

帯に書いてあった言葉。
「あきらめからは何も生まれない」
まさしくッだね!

よし!自分もだいぶ遅れたけど頑張るぞッ!
変えてゆく勇気―「性同一性障害」の私から (岩波新書)変えてゆく勇気―「性同一性障害」の私から (岩波新書)


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com