そして診断書・・・嬉しい(^_^)

退院前夜に頂きました。
診断書…フフフ。

嬉しいな。

これで特例法を元に性別の変更が可能になった。

性同一性障害の性別の取扱いの特例に関する法律 詳しくはこちらへ

まだまだ問題視されている特例法。
どういった解決策があるのかはまだ解りません。

特に
・生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること。
・現に未成年の子がいないこと。


命と隣り合わせの手術をする必要があるのか?ないのか?
ただ、嫌悪感 = 性同一性障害 って事が前提であったりするからね。
僕は今回の手術で自分自身が抱いてきた疑問が解けて
良かったって思う。

GIDでもいろいろな方がいると思うし、それは当たり前で・・・
何より大切な事はその事を認め合いながら、
少数派である僕たちは1歩1歩進めていかなければならないんだろうな。

SRS術をする人、しない人・・・
GID同士がけなし合ってただけでは何も変わらない。


さて、今日はこれからホル補充日なので・・・
ホルモン値を調べてもらって、
卵巣が無くなってからの変化をみていきたいと思う。
術前の血液検査ではどこも異常はなかったんだけどね。
肝臓が平均値に復活してる事には僕も驚きでっす。

深江クリニックの看護師さんからは
ホル補充量を減らす事も可能になるし、
戸籍変更すれば保険もきくようになると言われました。

なんせ、分析壁があるので、、、
その辺は

「あぁ〜またやってるわ」

くらいに流して頂けると助かります(笑)

卵巣機能異常も気になるよね。
U先生、T先生にも最新データ、色々と聞いてみよう。

って事で
波瀾万丈だった(笑)SRS術から1週間、
傷の痛みもだいぶ軽減して痛み止めも必要なくなりました。
そんなんでSRS術の話は終わりにしたいと思います。

そして仕事に戻ろう(笑)


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com