昨日の話。

最近、GIDのアテンド会社って増えてますね〜。

僕は凄いなっと思うのです、
その医療機関を紹介するアテンド会社をやっている方々って。
確実に助かっている方もいるだろうし、
医療的な事をしないとしても仲間は増えるだろうし。

ただ・・・医療的な部分を独自展開しているところが
見ていて危なっかしく感じるのですよ、おっさんは(笑)
おっさんは他人様の人生を背負うようなアテンドは怖くて出来ません(笑)
小心者ですから・・・(-_-)(笑)

病院やアテンド会社を選ぶの確かに本人。
一番は本人に責任はあるわけだけど、
紹介した病院で何か事故がおこった場合、
中間マージンが発生している限り、それはビジネスとなり
何らかの責任問題が発生するはずだよね?社会的には。

たとえば・・・食中毒を出したレストランが
それは仕入れ先が悪い!って言えば事が済むか?と
言うと違うだろうし。

その辺、微妙だな(^^;)〜。

アテンド会社さんは成功例しかだしませんから、
僕らはその辺を見極めてコミュニケーションを
重ねて行くことが大切そうですね(^^;)
紹介するまでが中間マージンの範囲なのか?
もし失敗して修正が必要な場合は
次に何かサポートしてもらえるのか?

手術が終わってからこんなはずじゃ無かった・・・
って言っても遅いもんな〜。

手術した先生でないと解らないっと言うことは
僕も金沢に行って経験済みだからね(笑)
金沢の先生、胸オペのM澤先生は術後も
丁寧に対応してくださいましたが・・・その辺もどうなんだろうな〜?


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

4 Responses to “昨日の話。

  1. お返事ありがとうございます。

    >日本のGID医療を保つには独自展開している若さゆえの
    独走がとても危なっかしく感じてならないのですよ、おっさんは(笑)

    同じく怖いですね。若さというよりは、傲慢さ。独走というよりは、暴走だと感じていますが(苦笑)
    炎上した記事の反応を見てわかるように、そもそも今の若い人達は、ブルーボーイ事件以降にガイドラインが果たしてきた役割や法的位置づけを理解していないのかもしれません。
    あと、ガイドライン制定当時はアテンダーがこれだけ増えるなんて想定されていなかったから「医療者に対する治療指針」とされているのでしょうし、塊として国外に患者を連れて行って金を取る以上自分勝手にしていいわけがないんですけどね。。社会経験の薄弱さと、事業をするにあたって関連法規さえ調べない感覚にめまいがします。。
    ブログを書こうにもどこから手をつけたものか気持ちが萎えかけていましたが、CYUSUKEさんも今を正念場と認識されていると知れてうれしかったです。オヤジと疎ましがられるのは必至ですが、お互いがんばりましょう(^^;

    • cyusuke

      >gid-memoryさん

      若い当事者にしてみればおそらく僕らおっさんが言うことよりも
      同じ年代の人の意見に耳を傾ける事は当然ですよね〜(笑)
      僕も若い時期だったら同じことをしていたかもしれない(笑)

      ただこの年齢になってこう言った事柄にぶち合っている以上、
      危なっかしい部分は見て見ぬふりはできないよな〜と。
      このブログもどれ位の当事者に届いているか解らないけど、
      続けていきたいですね。

      正念場を感じているのは医療従事者も同じかと。
      今年のGID学会は明らかに変わってましたから(^^)b

      色々と乗り越えてきた者同士、楽しみながら頑張りましょうね(^^)!

  2. CYUSUKEさん、以前から読ませていただいていますが初めて書き込みさせていただきます。過去の記事で恐縮ですが、あえてこちらに(笑)
    平成24年1月の「性同一性障害 健康保険適用に関する要望書」も拝見させていただきました。アテンド業者もですが、いろいろな問題を前に… ちょうど今が当事者を取り巻く情勢が空転しはじめるか、改善傾向を保てるかの分かれ道の時期だと感じています。
    遅ればせながらブックマークもさせていただきました^^
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • cyusuke

      >gid-memoryさん
      初めまして。コメントありがとうございます。
      僕もgid-memoryさんのブログは読ませて頂いてました(笑)
      これを機にどうぞよろしくお願いします。

      まさに今が正念場、転換期だと思います。
      ただ、今日これからBLOGにも書きますが・・・
      日本のGID医療を保つには独自展開している若さゆえの
      独走がとても危なっかしく感じてならないのですよ、おっさんは(笑)

      その辺を若者FTMはどう考えているのか?
      社会経験がない故、、、とても気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com