簡単なの?僕らの手術。SRS術編

昨日の胸オペ編に続きSRS術編です。
僕はT先生から医大ルート(赤心堂・埼玉医大内摘再開)でやることを
勧められてたけど金銭的な面や術式から金沢を選びました。

そのことをふまえて・・・
SRS術記は最近なのでお時間ある方はこちらを読んで見てください。
僕は例外となってしまい開腹、
そのときに実は心臓が一度止まったらしい。。。

先生の対応の良さなのか?運が良かったのか?
後遺症が残る事も無く、次の日から元気で過ごせたので
本当に生かされた命なんだよね。
命意外にも途中から開腹になった経緯をふまえると
やはり熟練された経験豊かな深江先生で良かったな〜って
今も深く感じるわけで。

手術前に心電図検査もしていたので・・・
おそらく麻酔のショック症状が出たのでしょう。
麻酔について詳しく書いてあるブログがあったので
是非読んで見てください。
こう言ったことも覚悟していたので後悔はないかな。

さて、昨日の胸オペ・・・即日退院がなぜ無謀か?
それはこの麻酔も大きなポイントのひとつ。

即日退院を経験された方の中にはフラフラの状態で
退院した方もいらっしゃるのではないかな?
ここが危険!

総合病院や専門医は麻酔後は一晩、
2時間おきくらいに看護師さんが様子を見にきます。
それくらい慎重なことなんだよね。


埼玉医大では術前に麻酔師さんからの説明を受けますが、
美容整形院と総合病院の差ってきっとここなんだろうね。

美容整形院の手術って実は調べてみると部分麻酔が多い。
目とか鼻とか乳首とか・・・。
でも、僕らの胸オペって部分ではなく全身麻酔だから、
ちょっと性質が違うので・・・
その辺の対応をどうされているか?で
美容整形院を選んだ方がいいのかもしれません。

美容整形院の麻酔状況はGID医療とは関係ない病院ですが、
解り易いのでこちらを読んでみてください

選ぶのはあくまでも本人なので、
知識として知っておく事も大切だね、僕らの手術。

なぜ、おっさんはここまで言うのか?
それは言うまでもなく・・・
今年起きた若きFTM君の国内美容整形院での胸オペ時の「死」です。
色々と調べてみると過失だったとの記事もちらっとみました。

身体治療は僕らの希望。
そして今の医療であれば可能な事柄。
ならば、ちゃんと知識を身につけて病院を選び・・・
術後も本来の姿に戻った自分で
幸せで笑顔な生活を送ろうではないか!


FTMは若い人が多いから周りに流されることなく・・・
自分自身の体と向き合って後悔のない選択をしてください。

命と時間とお金・・・家族、そして仲間。

一番大切なのは何だろう?

アテンド会社側も大切な人(仲間)の命を考えて・・・
プランニングして頂けると助かります(^^)!


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com