LGBTとGIDの医療と法

色々とやっていたらこんな時間。

今、レインボーウィークの真っ最中だけど・・・
色々な新聞でも取り上げられていて10年前では
考えられないことだよね。

凄いな〜。
東京が虹色に染まる?LGBTの祭典、GWに開催!

Lはレズビアン
Gはゲイ
Bはバイセクシャル
Tはトランスジェンダー

トランスジェンダーの中に性同一性障がいが入るのか?否か?って討論を
どこかで見たことがあるけれど・・・実際その辺はどうなんでしょう?
まぁ、セクシャルマイノリティーの一員である事は
間違いないので入ってるんだろうな〜とは思う(笑)

ただ・・・LGBと違うところは
僕らは医療と法とは切っても切れないわけで
そこだけはしっかりとしていかないとと思うのです。

LGBT 少数派としての「思想」は同じだけど・・・
GIDの場合は医療機関ともガッチリと手を結んでいかないと解決されないことなので、
その辺は時代が変わりつつあっても見失わないようにしたい。

GID医療、決して難しい手術(形成術以外)ではないけれど・・・
決して簡単な手術でもないもんね。

時代に流されぬよう・・・
この辺だけはしっかりと見極めていきたいね。



^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com