やっぱりホルモン障がいになる日は近い?!

こんにちは!
昨日、月に1度の125mを補充しに行ってきました。

やっぱり月1で125mはもう最後の方は無気力状態になる。
顔の表情さえ違う気がするもんね、自分でも解ってるんだけどどうしょうもない状態。
あとは血液検査もしてきました。今回は保険適応内で安価で済んで助かった(笑)

そして性同一性障がい、やっぱりホルモン障がいとなる日はそう遠くないよう。
今回、この本を読んでみました。

『科学で解る男女になるしくみ』と同じシリーズ。
マンガにもなっているし、文章も解りやすいので当事者にこそ読んで頂きたい。

まず基本を。
受精した直後人間は女性の身体(どちらとも持っている)をベースに性分化していきます。
ここ重要!


それからお母さんのお腹の中で脳と身体が性分化していきます。

[1] 脳が性分化する時期、
[2] 身体が性分化する時期・・・

時期はどっちが先かは僕には解らないけど、
脳と身体の性分化時期が明らかに違う事がほぼ解ったらしいです。
以前は染色体にYがあれば男性ホルモンが機能されると言われてきましたが、
どうもそれだけではないらしいです。

性同一性障がい(FTM例です)の場合は・・・
脳が性分化する時期には男性ホルモンが正常に機能していて、
身体が性分化する時期には何らかの影響で男性ホルモンが正常に機能しなかった。

思春期に性転換?/2014年4月20日更新

じゃぁ、どうやって胎児期の男性ホルモン量なんて調べるの?と思うでしょ?
その中で解りやすいのが右手の指。
これって以前から言われていた事だけど・・・
右手の薬指が人差し指より長いと胎児期に男性ホルモンを多量に浴びている事になると
言う研究結果が出ているそうで。

あとは『脳』の大きさでも解るようになる日がくるのかな?

色々と調べて見てもほぼこの流れで性同一性障がい変わっていきそうな気配。
独自ルートや思想だけではなく・・・国立・GID専門医療機関から離れない方がいいのでは?!と
口酸っぱく言ってきた理由はこの結果があるからこそで・・・
保険適応するにはこうしたデータは必須。

そして・・・
TSとTGは同じ状況?(名前?病名?)ではくくられなくなるのかもしれない。。。
前出の本の中では、、、

トランスジェンダー(TG) = 身体の性別と心(脳)の性別が一致していない人
性同一性障がい = 身体の性別と心(脳)の性別のギャップに違和感や苦痛を感じる

っとなってました。

身体治療の時の保険適応領域もこのくくりで変わってくるんだろうか?!

TSとTGはとかく対立の立場でいる事が多かったけど、、、
何にしても
TSはTSとして、
TGはTGとして
お互い暮らしやすい世の中にするにはどうしていけばいいのか?なんだろうか?

何にしてもこの研究結果から僕ら頭がおかしい、我が儘、中二病なんて言われて
差別される事なんてないんですぜぃ。
一体、自分は何者か?と長年考えてきた事に対する答えが見えてきて嬉しいですぜぃ。
研究して下さった医療機関の先生方には本当に感謝するしかありません。


雑誌ターザンでも特集にもなっている位だから
当事者も自分自身の身体の事を知る努力は必要なんだよね。

僕ももっと性ホルモンと脳の本を読んで知識と自己の身体&心(脳)観察をしていきたいと思います。

若い方にも読みやすく砕いているこの本はオススメしますよ(^^)/

P.S こう言った研究結果を基に・・・家族や友だち、過去を全て断ち切る当事者が減るといいな〜…。
これは僕の願いです(^_^)だから『知りたい!』を大切にします(笑)


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com