誤解のないように・・・TSとTG

昨日アップしたブログで
TSとTGのくくりをだしたけど・・・
誤解のないように
住みやすくなる世の中というのは・・・

TSにとって身体の嫌悪感から脱するには性適合手術が必要で、
TGにとっては世の中にその事が認知されれば手術までしなくても大丈夫


っと言った感じではないだろうか?

この2つを認識しないままでいるといつまで経っても平行線のまま、
どちらか一方を推し進めようとするとどちらかが苦しくなる、
そんな状況なんだと思う。

TSは医学的根拠から保険適応内にもって行きたいだろうし、
TGは思想点から住みやすい世の中を求めるだろうし。


同じようでいて大きな相違点を理解しながら進めないと。
何事も両方の視点から冷静に見る事って大切じゃないかな。

その観点から行くとTSとTG・・・
性同一性障がいと一括りにするよりは
別ものとしてとらえて進めた方が
すんなりと進むのではないか?とも思ったり(笑)

僕はカウンセリング時に先生にもハッキリ伝えたが
素直に『男』であると感じる。

多様な性があるのは解るが・・・
だからこそ性同一性障がい者の中にも
ハッキリと『男』『女』と認識しちゃう部類?の人もいるって事なんだよ。
それが今回の男性ホルモンシャワー説、医学的根拠で証明されてきたんじゃないかと。
男性ホルモンシャワーの差だと。
※こんな研究結果もありました・・・埼玉大学 調節生理学研究室:脳の性分化

育て方、環境に順応はするだろけど、そこは影響されない部分だと思う。
そしてそれは誰のせいでもないんだよね、きっと。

人間の誕生・成長過程はとても神秘的だもの。。。
奥が深いね〜性分化〜(^^)/

っとあいだみつお風で〆てみる(笑)


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com