脳の性分化/第17回GID学会(16回内容含む)

肉体労働ウィークを終え、、、
ネビドのおかげで元気に過ごせてます(^^)
ネビド打ってから丸2週間、まだまだ何が起こるか解らないけど・・・
2週間に1回病院に通うって事がないだけでもホルから少し解放された気分(笑)

AGAの方は額の生え際に産毛が増えてきた感じだけど、
まだ脱毛期なのか?フサフサとまではいかない(苦笑)
でも変化ありなので今後に期待。
飲み初めて2ヶ月後の血液検査も異常なしでした。

さて・・・ちょっと間だが空いてしまったけど・・・GID学会の話(笑)
ファイル H27-03-23 16 41 07

埼玉医大ゲノム医学研究センターの研究結果がとても興味深い。

脱!病理化(精神疾患)!

はTS/TGに限らず一致していると書いたけど、、、
その裏には埼玉医大や今年は浜松医大や長崎医大教授の発表が大きいのではないかと思う。

埼玉医大ゲノム医学研究センターの研究から
性同一性障がい、、、
やはり性ホルモンによる脳の性分化作用が関与すると考えられている
と書かれていました。

ちょっと難しいね・・・でも、医学の進歩はホントに凄い!

そういった研究から若年GIDの早期の確定診断に向けての
GIDバイオマーカーの発見が急務である
との事。

っとこれまでは昨年(沖縄大会)の発表。
頂いた学会誌を読んで1年参加していないだけでも
色々な情報から乗り遅れているんだな〜を実感。

今年は
性別違和には社会的要因だけでなく生物学的なメカニズムも存在する
と考えられているそうで・・・その後の進捗を発表・・・っと
まぁ、今年の発表・・・違う会場の議題を聞き込んでいて聞き逃したんですけどね(笑)
一番知りたい内容だったのに・・・めっちゃバカ(笑)

浜松医大教授の発表はしっかり聞きました。
性分化疾患患者を例にとり、
性同一性障がいは『脳の性分化だと確信している』っとの発表ありでした。

脳の性分化、、、
僕にとってはとても興味のある分野で・・・また来年も進捗が楽しみである。

こうして身体的要因である事が発表されている中で、
GID学会としても『認定医制度』を導入して保険適応に向けていきたいのではないだろうか?

ただこの診断が可能になったとしても・・・
色々な問題点は山積みなんだろうね。それこそ人権に関わるような問題。
それでも僕は・・・
GIDは化け物や笑われる人なんかじゃない!が実証がされる事はとても嬉しいし、
ここまで医学で証明されれば政治や文化が変わったとしても
揺るがないものとして扱われるわけだから、それはそれで安心である。


って事で身体障がい論がどんどん加速していきそうな予感。
なので・・・ぜひ!若者やアテンドをしている方々にもGID学会に参加して頂いて、
日本の現状を知って欲しいです(^^)!来年は東京です。
ファイル H27-03-23 17 04 13

ちなみに学会誌は以下URLでも買えるみたいなので興味ある方はぜひ!
http://www.okayama-u.ac.jp/user/jsgid/

次回は予定を変更して世界のGID状況を・・・。


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com