伝言ゲームのように・・・

昨日、gid.jpが主催する討論回に参加してきました。
IMG_0911
『これからどうなる?性同一性障害』
このタイトルが気になった事と、
発表される先生方の話にも興味があったので。。
今回発表された4名の先生方は僕がまだGIDを知らなかった頃から
研究や当事者団体を設立されてきた方々なので
日本のGIDの歴史的背景を知るにはもってこいの場所だったわけです。

各先生方の話はどれも興味深く、
共感できるところもあれば首をかしげる部分もあったりで・・・
これが正解!って言うのはないんだろうと。

ただ・・・皆さんもご存じの通り、
DSM 5 と ICD 11 改訂によって
性同一性障がい(Gender Identity Disorder)と言う言葉がなくなりました。
そして『脱精神病理化』へ着実に向かっているようです。

話を聞いていて世界中が視差するこの2つの精神医学書・・・
これにおいてもどう見ても TS/TG 間で揺れているような気がしてならない。

DSM5の改訂後はかなり広範囲、TS/TG/Xジェンダーまでが性別違和としてとらえられ、
ICD 11 の改訂後は TS 身体的治療が必要な人に絞り込まれている。


ただDSM5を考案した委員会でさえ、
ちょっと広範囲にしすぎたかな?と懸念されているような声明があったようですが・・・(笑)
どうしたって人間を介すわけだから「政治・組織的」な部分って多々含まれているんだろうね。

あと興味深かったのは東先生の話の中に出てきた
アメリカでTSを初めて発見したMr.Harry Benjaminの話。
Mr.Harry BenjaminがTSを発見した当初(1950年代)から既に『ホルモン障害云々』とおっしゃっていたようで・・・。
僕も知らなかったんだけど、歴史を知る事って大切ですね。
やっぱりホルモン障がいになる日は近い?!

時は流れ一体どこで精神疾患になって伝わってきたんだろうか?
まるで伝言ゲームのように・・・どこかの時代で伝え方が変わって、、、
現代では思想論、精神論だけで語られ続けるのが不思議でならない。


TS、TGにしたってきっと胎児期のホルモン作用量の差だけだと思うんだけど、
TSにはTSの問題点、TGにはTGの問題点があって、
同時に進めばきっといつまで経っても答えや進路は見いだせないんじゃないか?
日本ではTSだけに特化してしまうと
TGがおいて行かれてしまうみたいな感じがあるのだろうか?

と思った討論会でした。

GID学会ではこれら思想に加え、医学的見解、
脳や遺伝子の研究内容も含まれている訳だけど、、、
そちらの内容について触れないのはなぜなんだろうか?

あと三橋先生の話を聞いていて、、、

性役割(社会)と性行動(科学)ってイコールになるのかな?

なんてまた哲学的な事を考えてしまったけど、
調べたら面白いかもな・・・なことが浮かんできましたとさ。

あ、あと性別越境者って事だけで殺害されている国はまだまだあるようで・・・
なに人であろうと[人の大まかな構造]は同じわけだから、
先進国である日本やアメリカが『これ!』って言う医学的根拠声明が出来れば
そんな殺される人が出てこなくても済むのになっとも思うんだよね〜(>_<)


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

2 Responses to “伝言ゲームのように・・・

  1. 通りすがり

    はじめまして。

    当事者にはなると思いますが、常々感じている疑問があるものの、
    人の夢を壊すことにもなりかねないので、面と向かっては言えないけれど、
    真面目に取り組まれているブログの様子から、
    ご意見を頂きたく投稿させて頂きました。

    これらの問題の、そもそも論的に、人の心が科学的に証明出来ない部分に
    問題が有る様に感じます。

    人工知能が高度に発達してくれば、ファンクション(機能)としての
    脳の構造解析は可能かもしれませんが、

    化学物質の反応による脳へアプローチでは、ミクロレベルの細胞の
    働きとしての証明は可能だとしても、脳全体のファンクションとしての
    証明としては、あまりにも脆弱過ぎる様に感じています。

    閑話休題
    「診断の協力を惜しまない」という言葉を信じ、精神科のドアを叩き、
    ガイドラインに基づいた診断をお願いしたら、ものの10秒も掛からず
    診断が出せることと、そうした診断を行う医師がいる一方で、
    針間先生の様に、それなりに職責を果たす医師が混在していてる状況は、
    自己言及のパラドックス なのではないかと、感じてしまいます。

    それらのことから導き出せる事は、
    現状では、やはり、人の心はわからないという結論になってしまうのでは
    ないでしょうか。
    そのことから、TS/TGで、振れ幅が起きてしまうのではないか?
    と言う考えは、おかしいでしょうか。

    • cyusuke

      ご意見ありがとうございました。また返信遅れてすみません。
      バタバタしていてブログから遠ざかっていましたm(_ _)m

      確かに現状でGIDの身体的診断は難しいのかもしれませんが、
      心と言う曖昧な言い方がさらに問題化している気がしてなりません。
      通りすがりさんのおっしゃる通りで人の心なんてのは
      GIDかそうじゃないか?に限らずわかないのと同じ事で
      『疾患認定されている』のに『心』という曖昧さで表現している事が
      矛盾の始まりのような気がします。

      10年以上前に出版されているGID関連の本にも
      既に脳の可能性がある事や
      FTMに限っては卵巣異常の当事者が多いと言う結果から・・・
      何かしら身体的に現れている部分もあると思うんです。
      あとはホルモン量もそうですが。
      性分化の過程を知っていれば僕らのような人間が生まれても
      決しておかしくないと思う訳だけど・・・『心』と言ってしまうとまるで身体とは別ものとして
      とらえられているように感じるし。
      それが思想だけで動かざるを得ない部分だとも思うし、
      そこに事の混乱がおきている気がしてならないわけです。

      TSは正直、身体の変化やガイドラインの治療を経て戸籍変更してしまうと
      社会的にもあまりGIDであったって事への影響は日々感じなくなってくるもので。。。

      これをとっただけでも『TSとTGの問題点は明らかに違うの』で・・・
      (TSにとって生きやすい方法とは?TGにとって生きやすい方法とは?)
      同じように進めようって事に最大の問題点があると思うんです。
      僕も治療していく段階で色々と解った事ではあるのですが。

      治療に関しても1日であっという間に診断書を手にしてしまう事への懸念はありますが、
      今のところ正解はないわけで後は自己責任の下で進める事しか出来ないのが
      GIDの現状なのかもしれませんね。

      お答えになっているでしょうか?論点ずれていたらすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com