新技術?!チラッと聞いた話。

こんばんは!最近は寒くなったり、
急に暑くなったりと地球も更年期なんですかね?(笑)

最近、胸オペの傷が酷くて服を脱げないとの
BLOGを何件か見ました。
今の技術でもそんなに傷になってしまうような術式はあるんだろうか?って
ちょっと疑問にも思えますが、
確かに人前では洋服が脱げない状態だと書いてあったんです。

洋服が脱げないほどの傷が残っているって人はどれ位いるのだろう?

そんな事を考えていた昨日、
大阪の友人から胸オペを内視鏡でやると聞きました。

胸オペを内視鏡?(◎o◎)?

まだ5例くらいしかないらしんだけど、
確かに胸オペを内視鏡術でやるらしいです。

脇に傷は残るけど乳首の壊死等は免れるようで・・・
中の乳腺をくり抜くって事なんですかね????

ちょっとどんな状態の手術なのかまだ詳細は分かりませんが、
今年のGID学会時には症例として発表されるんだろうか?

ちなみに大阪の友人は大阪医大に通っているので
大阪医大での手術になると思います。

技術の進歩は本当に凄いね。
若い当事者は特にまだまだ人生長いからね、焦らず、
その先の事を少し考えて慎重に病院選びをして頂きたいです。


今は山梨医大でもAカップの人は日帰り術をやっているようで、
(もちろん数日は近く泊で万全の体制は整えているっと言ってました)
数年前より選択肢が多くなっている分、知識を蓄えて
他人任せにせず本人で判断して選べるといいですね。

何よりも僕らにとって術後に平らになった胸を見るのは本当に誇らしくもある事だから、
傷を見るような状態にならないことをおっさん、願ってます。


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com