ちょっとビックリな記事発見(°0°)

こんばんは。
久々の更新にも関わらずブログ村Banner推してくれてありがとうございます。
更新前には155位くらいだったのに、あっという間に38位まで上がってましたm(_ _)m

ところでちょっとビックリな記事を発見してしまいました。
トランスジェンダーが作ったお米「おか米」 地方からLGBTに理解を

記事を読むと…まぁ某アテンド会社がお米を作ったらしく。。。
そのお米の名前が「おか米」だと言う記事。

この「おか米」と言う名前、
「おかま」と「おなべ」が作る米だから「おか米」らしいです(笑)

いや、ここ笑う所ではない気が(笑)おっとまた笑っちゃった。
前々からおなべバーと表現をしたり、胸オペは美容整形だ、、、等と
言っていた方々だったので少し気になってはいたのですが、
ここまでするとは思いませんでした。

「おかま」と「おなべ」ってメディアが作った差別用語だったはず。

それをFTM関連の中心にいるGroupの代表が平気で使っていることにビックリするわけだけど、
この世代の人は差別用語だったって事を知らなかったのでしょうか?

Yahooコメント欄を見ると…
やはりからかいコメントが多くて
やっと市民権?国民権を得たGIDが「結局そういう商売なんでしょ?」なんて
誤解されかねないのでは?と思うは僕だけでしょうか?
しかも TG = 「おかま」「おなべ」って事にならないか?この名前は。

皆さんはどう思われますか?
「おかま」と「おなべ」が作った「おか米」。
僕はあまりに無知識から生まれた名前に恥ずかしさを感じます。



^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

4 Responses to “ちょっとビックリな記事発見(°0°)

  1. 匿名

    もう、世代は変わりました。
    幼少時から、性別に違和感があったら、将来性別を変えられる世代なんです。
    老害が若者の脚引っ張んない方がいいっすよ。
    世の中にかこつけて、自身のノスタルジーを追ってるだけにしか見えないからw

    • cyusuke

      匿名さん、まず名乗りましょうか。

      将来性別を変えられるようになったのはどの世代のおかげですか?????
      その世代の先輩方は今よりも差別的に扱われていた時代があるんですよ。
      おかま、おなべと性差別を受けていた世代の先輩方が
      頑張って真剣に国に取り合ってくれたら性別変更が出来るようになり、
      そして現代では自分の『性別』で生きられる時代が来たんだって事を
      忘れないで下さい。

      匿名さんが何歳位の人だかわかりませんが、
      ガイドラインだってどう言う意味を持って出来たのか?
      ちゃんと伝えるべき30代の彼らがちゃんと伝えなかったばかりに、
      こんな幼稚なコメントしか出てこない。残念ですね。

      人生の先輩を老害って言うこと自体が、
      もう人として取り合えないし、
      話し合う事だって出来ないわけですよ。

      更に何か言いたいことがあるならば、
      自分自身で内摘なしでも性別変更可能にするとか、
      国と取り合って見て下さいね。

  2. 匿名

    名前より品質とか味でしょ。ビジネスとして成立するならネガな印象をポジに変えられるかもしれないし、そんなもんは結果オーライななこと。個人的には、プロがたくさんの品種を生みだしてる中で片手間にやってるものが本当に旨いわけないと思うけどね。どうせいっときの話題作り。すぐに消えるんじゃないの。あんたみたいにわざわざ記事にして拡散してる奴も迷惑だよ。

    • cyusuke

      匿名さん、コメントありがとうございます。
      こんな意見があっても当然だと思いますが、
      やはりまだこの言葉にネガティブにしか思っていない世代、
      傷ついた世代がいる限り、僕ら当事者が簡単に使っては
      いけなかった言葉だと『僕は』思うから書かせてもらいました。

      あーやって誰でも目にとまる記事で公開しているって事は
      こう言う事も覚悟の上ではないのかい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com