何が問題なのかな?

おかま、おなべ発言の続編になりますが…
何が問題なのか?と言うと…
彼らは今の日本の性同一性障がい分野ではメディアに取り上げられたりとか
影響力が少なからずある方々で…
どちらかと言うと啓発、促進する方々が、、、
重要なポイント、言葉の持つ意味などを理解していないであろう言動が
多かった事が常に気に掛かってました。

彼らの行っている事全てを否定するつもりはないけれど、
啓発・促進する立場であるからには
しっかりと勉強して知識を身につけてからして下さい。

あとガイドラインや特例法が出来た意味と歴史も
知識として身につけておいて頂きたいな〜。

精神療法課程には『男の中で生き抜ける力量(Mtfは逆)』を補う期間であり、
当事者にとってみれば心の準備と覚悟を持つ期間であって、
先生方にとってみては…
その人にとってさらに生きづらくならないかどうかを見極める期間で
あると言うこともお忘れなく。

群れているときは何となく強くなった気分でいれるけど
実際は日常の中で生き抜いていかないといけないわけだから。
っとおっさんは実体験から学びました。

この問題は以上で。。。


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

4 Responses to “何が問題なのかな?

  1. 匿名

    前回、前々回の記事を読みませていただき、生意気ながらコメントさせていただきます。

    この名前については色んな意見があって当然だと思うし、それによって考えさせられ当事者にとっても言葉の重さ、思いを見つめる良いきっかけではないかと思います。

    ただ、社会に出る一企業として、
    商品名で誰かを不快にさせてしまったことに対する対応は、とても幼稚で残念ですね。一般企業だったらこんな対応はありえないでしょう。
    せっかくオープンに活動されているので非常に残念に思います。

    また、それを奉語している方たちも幼稚すぎる発言が多く逆に当事者を下げてしまっていますね。
    「時代の変化云々」とか、「差別した相手を馬鹿だと思えば大丈夫」とか。

    肝心なのは、このネーミングは差別用語であり、これによって誰かが不快な思いをしているということ。
    これがどこか取り残されてしまっていますね。

    • cyusuke

      コメントありがとうございます。

      >また、それを奉語している方たちも幼稚過ぎる発言が多く逆に当事者を下げてしまってますね。

      僕もそう思います。
      GIDが知られるようになってから10年。
      おなべとかおかまとかあまり聴かなくなっていたように感じるのにあえて
      また持ち出した感があるように感じるのは僕だけですか?

      下のコメントの方に時代の変化に取り残されたと言われちゃいましたが(笑)
      実は『おかま』とか『おなべ』って言ってること自体が時代錯誤じゃないかと
      僕は感じたんですけどね〜。

      多分僕は彼らは差別的に使われていた用語とも知らずに
      簡単に使っていただけだと思うんですよね。
      本当に彼らの言動は下手したら元の時代に戻されてしまうのでは?
      なんて感じを抱かずにはいられないです。

  2. 匿名

    時代の変化に取り残されたおっさんは惨めだね。
    俺は彼らの活動に諸手を挙げて賛成してるわけじゃないけど、
    ユーザーが一般人である以上、一般人にわかるネーミングをつけるのは正解だと思うよ。
    FTMだとかトランスジェンダーだとかを浸透させるのはその先の話。
    普通の人にFTMなんて押し付けて本質を理解してもらえると思ってるなら、ムダに年取ったね。
    いい年なんだから、そんな記事上げてること恥じたほうがいいよ。

    • cyusuke

      コメントありがとうございます。

      時代の変化に取り残されましたかね?(笑)そっか。
      それでもGIDが表に出始めて10年以上、
      おかまとかおなべってあまり聴かなくなったような気がするのは僕だけですか?

      僕は既に男として企業先でも働いているので、
      おかま、おなべとはかけ離れた場所にいます。
      それがある日TSだと何かでわかってしまったときに、
      やっぱりおなべなの?なんて言われてしまうのは悲しいですね。

      何よりも性同一性障がいは医学的見解がハッキリしつつあるわけだから、
      その辺から攻めないと全くを持って理解されませんよ。
      おなべだ、なんだ、って浮き足だった事ばかり言ってるから、
      中々理解だって進まないし、元の時代に戻されてしまいかねない。

      性分化の仕組みをしっかり勉強していれば、
      僕らのような人間が生まれてもおかしくないって言う
      根拠が出せるような中心メンバーに成長して欲しいです。

      下手に年は重ねていませんって、僕だって。

      一意見としてありがたく時代の変化に取り残されたおっさんって事で、
      受け止めておきますね。またコメントして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com