特例法が出来てから14年?

こんばんは〜!
GWのレインボーパレード?に向けて
LGBT、性同一性障がい関連の記事が増えてますね。

中でもKABA.ちゃんの記事は同年代って事もあり、
とても同感ではありますし、
後悔しない生き方をしたい想いも一緒でした。
後悔しない人生を!性が変われど揺るがない「KABA.ちゃんの信念」

が、気になったのがSRS術の方法。
アテンド会社経由で手術をされたらしいけれど・・・
その辺の記事を読んでいると
なんだかアンダーグラウンドの時代とあまり変わってない方法、
伝え方なのかな?
っと思っちゃいました。

戸籍変更が可能になった特例法から14年。
特例法と同じく治療するにあたってのガイドラインが出来てからも
同じくらいの年月が経っているにも関わらず、
その辺の情報が一つも記事にならないのはある意味、
一番そんしているのかなって気になります。

こうやってメディアに名乗り出て頂ける事はとても感謝すべきことだと思うけど、
国も認めている疾患で、治療方法も定められたルートがあることを
きちんと伝えて頂けると当事者としても助かるんだけどな〜。

国民の理解を得るには・・・
やはり国が認めている疾患を上手く使うべきなんだろうなっと。

皆さんはどう思われますか?


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com