科学的・医学的見解がやっとメディアに出てきた。

こんにちは。久々更新のちゅうすけです。
毎日元気に生きてはいます(笑)

こんな記事を見つけました。
染色体、外性器、心…“赤ちゃんの性”一致するとは限らない

これ、何年も前から言ってた事なんだけど・・・
性同一性障がいだと思っている当事者にもちゃんと調べると内性器がなかったり、
染色体異常があったりとかなり身体的な何かがあるんではないかと思ってきました

男と女が当たり前の世の中なの? / 2012年12月6日

僕の場合は記事と同じで内摘の時に
片方の卵巣がないと解った = 形成されていなかった?のか?
って事で当時診察に通っていた精神科の先生に
「もしかして性分化なんじゃないか?」と
聞いた事もあったのですが・・・
「解らない」と言われてしまいそのままになってましたが。

昨今[LGBT]が話題性としてで取り上げられがち・・・
もしくは性同一性障がいだと「子どもの頃にペニスが
生えてくると思っていた」が基準になりがち
ですが・・・
こうして科学・医学的根拠があるって事を当事者自身がもっと知って下さい
そうすることが一番世の中の理解を得やすい方法なんじゃないかな〜と。

そして何よりも当事者が知る事で・・・自分自身を救う事もあると思うので・・・
迷いに迷っている当事者がいたら・・・まず性分化の仕組みを調べてみて下さい。
自分なりの答えがみいだせる可能性もあります。

この本が一番読みやすく解りやすいですよ。
科学でわかる男と女になるしくみ ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない (サイエンス・アイ新書)
※感想文


^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com