埼玉医大Category Archives

脳の性分化/第17回GID学会(16回内容含む)

肉体労働ウィークを終え、、、
ネビドのおかげで元気に過ごせてます(^^)
ネビド打ってから丸2週間、まだまだ何が起こるか解らないけど・・・
2週間に1回病院に通うって事がないだけでもホルから少し解放された気分(笑)

AGAの方は額の生え際に産毛が増えてきた感じだけど、
まだ脱毛期なのか?フサフサとまではいかない(苦笑)
でも変化ありなので今後に期待。
飲み初めて2ヶ月後の血液検査も異常なしでした。

さて・・・ちょっと間だが空いてしまったけど・・・GID学会の話(笑)
ファイル H27-03-23 16 41 07

埼玉医大ゲノム医学研究センターの研究結果がとても興味深い。

脱!病理化(精神疾患)!

はTS/TGに限らず一致していると書いたけど、、、
その裏には埼玉医大や今年は浜松医大や長崎医大教授の発表が大きいのではないかと思う。

埼玉医大ゲノム医学研究センターの研究から
性同一性障がい、、、
やはり性ホルモンによる脳の性分化作用が関与すると考えられている
と書かれていました。

ちょっと難しいね・・・でも、医学の進歩はホントに凄い!

そういった研究から若年GIDの早期の確定診断に向けての
GIDバイオマーカーの発見が急務である
との事。

っとこれまでは昨年(沖縄大会)の発表。
頂いた学会誌を読んで1年参加していないだけでも
色々な情報から乗り遅れているんだな〜を実感。

今年は
性別違和には社会的要因だけでなく生物学的なメカニズムも存在する
と考えられているそうで・・・その後の進捗を発表・・・っと
まぁ、今年の発表・・・違う会場の議題を聞き込んでいて聞き逃したんですけどね(笑)
一番知りたい内容だったのに・・・めっちゃバカ(笑)

浜松医大教授の発表はしっかり聞きました。
性分化疾患患者を例にとり、
性同一性障がいは『脳の性分化だと確信している』っとの発表ありでした。

脳の性分化、、、
僕にとってはとても興味のある分野で・・・また来年も進捗が楽しみである。

こうして身体的要因である事が発表されている中で、
GID学会としても『認定医制度』を導入して保険適応に向けていきたいのではないだろうか?

ただこの診断が可能になったとしても・・・
色々な問題点は山積みなんだろうね。それこそ人権に関わるような問題。
それでも僕は・・・
GIDは化け物や笑われる人なんかじゃない!が実証がされる事はとても嬉しいし、
ここまで医学で証明されれば政治や文化が変わったとしても
揺るがないものとして扱われるわけだから、それはそれで安心である。


って事で身体障がい論がどんどん加速していきそうな予感。
なので・・・ぜひ!若者やアテンドをしている方々にもGID学会に参加して頂いて、
日本の現状を知って欲しいです(^^)!来年は東京です。
ファイル H27-03-23 17 04 13

ちなみに学会誌は以下URLでも買えるみたいなので興味ある方はぜひ!
http://www.okayama-u.ac.jp/user/jsgid/

次回は予定を変更して世界のGID状況を・・・。

急に暑くなったので裸族(笑)

昨日の肌寒さからうって変わって・・・
急〜に暑くなったね〜(^^;)

って事で久々(?) に裸族。
乳頭縮小術後の写真を参考までに。
(クリックすると拡大します。耐えられる人だけ見てください 笑)

はい、山梨医大7泊8日で50万前後、続けて乳頭縮小術は15万円です!(笑)

セールスマンじゃんないんだけどね、
入院施設がない病院を選ぶ前にひとつの選択肢として目にとまるといいな。

内部を切り取ってもこうやって再生している・・・
人間って凄いね(^o^)

無事に退院

昨日、無事に退院できました。
埼玉医大から荷物を持ってバスに乗って、
電車に乗り換えて約1時間の道程を帰ってきたら疲れて、、、
帰宅後はダラダラ、ゴロゴロ(笑)半日寝てた。

今日から仕事に復帰・・・って言っても
か〜な〜りスローペースだけど。

日に日に良くなっていくのが解るね。
腕もだいぶ上がるようになったし・・・痛みもほぼない。
疲れやすくはあるも、元気。

7日間入院して安静にしていたのが自分には合っていたみたいです。
看護師さんがいたおかげでかなり不安も和らいでたし。

今日は久々のシャワーを浴びた。
当たり前のことが当たり前にできなくて、
それができた時の喜びってスゴいな〜と感じながら。
胸は見るのも怖かったけど、、、思い切ってみたら・・・
すっごく綺麗にできました。

術直後、「上手く行きましたよ!」って言う先生の声は本当でした。
担当医の先生、ありがとうございます!


あとは自分の筋トレ努力次第だな。
まだ油断はできないし、筋トレもできないけど。

バンドはまだつけたままです。
これ、ナベシャツやさらしを巻いていた当事者の方は毎夏、
こんな暑い、苦しい思いをしていたのか・・・っとはじめて知りました。
これは暑いね〜、熱中症には気をつけてください。

気持ちもかなり軽くなって・・・今はホッとしてる。
っといってもまだ術後1週間、無理せずに今日も早寝します。
おやすみm(_ _)m

入院6日目

まだドーレンは取れません。
午前中の予定が左だけ量が多いと言うことで・・・午後に延期、
そしてまた夕方に延期。。。先生曰く、

「明日でもいいけどね〜」

「えぇ〜〜〜〜〜〜〜早く取りたい」


って気持ちでイッパイっす。

痛いですね、このドーレン。他はまったく感じないのに。
ガーゼをテープで固定しているので背中も被れてかゆい、、、
けど手が届かない(笑)あぁ〜もどかしい。。。
今日は看護師さんに背中を拭いてもらいました。

さて、今日中にドーレンは取れるのか?!

入院生活は毎朝と晩・・・点滴を打ってます。約1時間くらいづつ。
その針も腕に刺さったまま抜けません。。。。

この下は結構グロイことに・・・。


これで背中をかいた時はこの写真のように管は真っ赤になります(笑)
血が苦手な自分にとっては「おぇッ」って感じです。。。

今日は手術後、はじめて洗髪してもらいました。
当たり前のことが当たり前にできないときの看護のありがたさときたら・・・
本当に頭が下がります。そしてみなさん、元気で明るい!
って今日もまた看護師さん賛美になってしまいました〜(笑)

突っつき合うことばかり考えてないで、
支え合うことも覚えないとね〜(笑)自分自身に言い聞かせます。(笑)


って事で・・・

今回、胸OPをして思ったことは・・・
もし、埼玉医大で胸OPをする予定のある方は声かけてくださいって事。
手術前に多少の情報があれば安心できますからね。
何でもお答えしますぜぃ!


そう、気持ちの変化があったかどうか?
まだなくなった実感がない分、「ない」のかもしれない。徐々にって事なんだろうな〜。
多少は気楽になれたのかも、かも?かもね(笑)

何とか生きてます!

切除術から3日が経ち、やっと落ち着きPCを開く気力が出て来た。それまでは、、、
ワンピースを読んでは寝、また読んでは疲れて寝〜、その繰り返し(笑)
持ち込んだワンピース10巻が読み終わり、次はDSで「桃鉄」。。。
そんな1週間を過ごしております。

だいぶ落ち着いたので胸オペ@埼玉医大編のアップを。。。

9月6日朝8時50分からオペは始まりました。
前日21時から飲食は一切なし、胃の薬を飲んでそのまま歩いて手術室ヘ。
一通り担当医の皆さまと顔合わせがあり、総勢5名の方が関わっていたようです。
自分で手術台に座り、上半身脱ぎ、横たわると麻酔医の先生方が取り囲む。
M先生は自分が手術台に寝てから現れました(笑)
術前で覚えているのはここまでです。

それから次に気づいたのは手術室で名前を呼ばれて一瞬目覚めたこと・・・
「上手く行きましたよ!」と聞かされたこと、
そして次に目覚めたのは自分の病室だった。

看護師さんが血圧やら脈やらを測っていて・・・ここは病室だと気づく。
目が覚めたと同時に今度は吐き気に襲われる。
夕方から夜に掛けて、ず〜と気持ち悪く・・・目が覚め、吐くの繰り返し。
麻酔の副作用らしい。既に夕食も準備されていたけど、
とても食べられる状況ではない。。。前日から食べていないから吐くものもない。
徐々に痛みも増してきたので、痛み止めを打ってもらってからはほぼ熟睡。
看護師さんにお世話になりながら・・・次の日の朝を迎えられました。

ここで思ったこと。

生きてる!

と同時に

えっ?日帰りや1泊2日の場合、ここで帰るってこと?

すげぇ〜って感じでした(笑)

僕の場合は年齢も年齢なので安全策の7日間入院付きを
選んで良かったと心から思ってます。。。

午前中には下のドーレンも取れ、トイレに自分で行けるようになり、
朝食も食べれたし、思いのほか元気。
だけど胸上部に刺さっているドーレンが痛くて、起き上がるのも大変。
看護師さんに聞くとみんなこのドーレンの痛さにまいるみたいで、
「みんな言うのよね〜」って言ってました。
埼玉医大では週1で1人は胸OP術があるみたいですね。
同じ時期に2人入るときもあるみたいで、
さすが看護にはかなり慣れてらっしゃいました。って当たり前か・・・。

首から幼稚園バックのように提げているドーレンバック。


ただ病室が男相部屋なので(これも当たり前と言えば当たり前かッ)・・・
ホル注する前の微妙期間(笑)は、自分は大丈夫でも同部屋の人が気を遣っちゃうのかも?!と
思う場面もあり、その辺は本人でよく考えて行われた方がいいと思いました。

あと、腕を上に上げることが困難なので・・・
術後の部屋着は前あきボタン服の方がいいです。
僕はみ〜んなTシャツを持って行ったのでで病院に借りました(笑)
あまりイケてないです(笑)


3日目以降は割と自由に動き回ることができ、
地下の売店にも買い物に行け、好きな物も買え、、、
通常の生活に戻りつつあります。ドーレン以外は。。。
ドーレンも明日には取れる事になり、、、予定通り11日に退院です。

術前は色々なことを考え不安や恐怖心に襲われたけど、
済んでしまえば得難い経験を得たんだなって思います。

看護師のみなさんや医師の方々の優しさが
今回は本当になくなった胸に染み渡りました。


まだまだ始まったばかりの身体治療だけど、この日のことを忘れずに頑張ろうっと。

あと、Twitterやメールで励まし続けてくれたたーさん、
ありがとうございました〜!経験者の言葉が何よりも心強かった!
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

あっ!大切なところ・・・
胸周りはまだ堅く布に覆われていて無くなった実感はありません。
きっとこれからかな。

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com