迷い・悩みCategory Archives

何が問題なのかな?

おかま、おなべ発言の続編になりますが…
何が問題なのか?と言うと…
彼らは今の日本の性同一性障がい分野ではメディアに取り上げられたりとか
影響力が少なからずある方々で…
どちらかと言うと啓発、促進する方々が、、、
重要なポイント、言葉の持つ意味などを理解していないであろう言動が
多かった事が常に気に掛かってました。

彼らの行っている事全てを否定するつもりはないけれど、
啓発・促進する立場であるからには
しっかりと勉強して知識を身につけてからして下さい。

あとガイドラインや特例法が出来た意味と歴史も
知識として身につけておいて頂きたいな〜。

精神療法課程には『男の中で生き抜ける力量(Mtfは逆)』を補う期間であり、
当事者にとってみれば心の準備と覚悟を持つ期間であって、
先生方にとってみては…
その人にとってさらに生きづらくならないかどうかを見極める期間で
あると言うこともお忘れなく。

群れているときは何となく強くなった気分でいれるけど
実際は日常の中で生き抜いていかないといけないわけだから。
っとおっさんは実体験から学びました。

この問題は以上で。。。

本気度

GID医療やセクシャルマイノリティーだけに関わらず・・・
就職するにも・・・
何か事業を興すにも・・・
スポーツするにも・・・
必ず見られる部分がある。

何だと思います?

本人の本気度!&
その事柄に本人がどれだけ向き合えて対処出来るか?


もちろん僕も誰かにその本気度を見られてます。
カウンセリング中もきっとT先生は冷静に見ていたと思う。

自分の思うとおりに全てを手に入れられるのなら
それに越したことはない。

けど人生は時として何かを手放さなければ・・・
得られない事柄がある事も確か。

そして・・・
何時にも自分の思うとおりの答えが他人から返ってくるかと言うとそれも違うし。
要は誰がどうしたとかじゃなく自分自身がどうしたいか?
その観点にたって治療に望んだ人は意外と色々な困難を
すんなりと乗り越えて行けるような気がします。

ちゅう年おやじ、、、伊達に年を重ねておりません(笑)

健康診断表

先日『市』の健康診断を受け、結果をもらってきました。
昨年も同じ病院で受けていて、僕のSRS術歴なども伝えてある病院です。

健康診断表を改めて見返して見ると・・・

あれ、ちゃんと「性同一性障害」って記載されているではないか!(°0°)

昨年のも見返してみたらちゃんと記載されてる(笑)
性別は「男」にはなってますが・・・。

トランス後の生きづらさって何なんだろう?
自分が過去そうであった事を受け入れつつ・・・生きていく時に感じる生きづらさ。

治療中や治療後に自殺してしまう当事者が増えている・・・
と言う事をとある場所で目にして考えてみたけど。。。

ジックリ自分と向き合ってだした答えには揺らぎは少なくなります。
精神領域期間にちゃんと『生きる為の根っこ』を張る事も重要!

そう、男になったから(治療したから)といって厳しい現実は変わらないですから。

焦らず、焦らず・・・
自分自身の心の整理は周りの人に合わせず・・・
マイペースでいいんだよ(^^)!


そして迷った時にはこの『本』がオススメです(^^)
久々に感想文 / 2012年10月26日更新
科学でわかる男と女になるしくみ ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない (サイエンス・アイ新書)

おねぇ系・おなべ・TS・TGの違いって?!/ 2012年11月28日更新

昨日の補足・母のせいにしないと言う事。

治療に進むにあたり・・・
僕も何度も母親と話し合い、討論、はたまた激論(笑)を
繰り返してきました。

治療を始めたあとにどうなっていくのかも
小出しに伝えていきました。

「髭なんかはやすなら家から出てけ!」

とまで言われた事もあります(笑)

が・・・やはり産んでくれた唯一無二の親ですし、
たとえ外見も男性化したとて親子関係は変わらないわけなので
もう2度とあえなくなるような方法は選びたくなかった。

って言うか『家』も『家族』も好きだしね(笑)

今、髭を生やして普通に家に居ますが・・・
至って普通に暮らせています。

母に言われた通りに治療もせずにいたら
きっと悶々とし続けている今だったろうし、
その生活を母のせいにしてしまっていただろうと予測がついちゃうのです、
僕の性格上。。。(笑)

親の愛は何よりも強いんですよね、きっと。
ただ、生まれた瞬間に親とは違う人格を持った一人の人間であること、
お互いが独立し合っていれば関係性も上手くいくこと、
それは家族とて恋人とて友だちとて同じ事なのかもしれないな。

なので、茨の道を選んだと言えばそうかもしれないけど、
自分自身が納得いく決断と覚悟、
またその先で迷ったら決断と覚悟、
人生ってその繰り返しなんだろうな〜。

僕自身の結論はやはり・・・
GID治療はゴールを目指す事ではなく、
スタートを目指してそこからまた歩き始める助走なのかもしれません。
その為に精神領域期間があるんだと思います(^^)!

って事でこれがの考え方です。
『イヤ、違う!』と思う方がいても当たり前。

十人十色だもの・・・

っと・・・あいだみつお風で『心を考える』閉じます。(笑)

久々に『心』を考える

ここのところ医療面からみるGIDを綴ってばかりきましたが・・・
今日は『心』の変化を振り返ってみる事にしました(笑)

まだ身体治療に入っていない、診断書待ちのやきもきしていた頃(笑)に書いたBLOG。
GIDのアイデンティティ/2011年6月20日更新
色々考えてみる・・・自分の心をみる/2010年10月13日更新

今、振り返ってみるとこんな事を考えていたんだな〜っと
自分自身も忘れてしまう事があります。

それはきっと見た目にもバイト先でも『男』として存在出来ている自分に満足と言うか、
脳と身体の同一感がもたらしている安定感なのかもしれない。

GIDのアイデンティティで書いた通り、
GIDのアイデンティティって常に精神の崩壊状態が続いていて
自分は何者なんだ?????のハテナマークが乱立している状態が続いているわけだもんね。
自分自身にもそんな時期はあったけど、、、人間ってもんは忘れちゃう生き物ですな〜(^^;)

ただ、今・・・迷っている当事者に言える事は、
『なりたい自分へは自分自身で変えていくしかない』
って事です。

思えば僕も病院への1歩を踏み出すまでにそーとー時間を要しました。

家族に迷惑掛けたくない。。。
周りからどう見られるだろう。。。
今からなんて不可能だ。。。


そう、自分自身で可能性を狭めたり、人のせいにしたり・・・の繰り返しだった。
でも辿りついた答えは誰かのせいにして誰かを責め続ける人生を送りたくない、
まず、自分自身に素直になって自分自身がどうなりたいのか?を思い描く事だ!
っと思い、ゆ〜っくりではありますが1歩1歩進んで来ました。

おかげで今では髭、腹下、すね毛、モモ毛?禿げ?(笑)
スッキリした胸板、少し類似してきた下半身(もちまだイヤな部分ではあるが)。。。
手術前のMAX体重から-10Kgの減量成功もあり、
鏡で見る自分が脳の自分と一致した事に対しての安堵感がある。

たとえ外で「あれ?男?女?」みたいなとらえ方をされても・・・
家に帰ってきて鏡を見るとホッとすると言うか・・・(笑)
もう生まれた時から今の身体だったような気がしちゃう(笑)

って事は・・・きっと周りからどう見られるか?も重要ではあるけど、
GIDって結局、自分自身の脳と身体を一致させる事が一番の治療であり、
成果なのかなっと。特にTSは。

身体治療でも色々な事に直面してきました。
直面した問題にその時々でどうするか?自分で対処できるか?
その辺も重要な気がします。
今ではエナルモン・デポーがないという事態、これからも何かしらあるでしょう。

だけど、不可能だと思っていた『男』として生きる事を達成した経験が
これからの人生にも大きな影響を持っていることは間違いなさそうです。

そう、あと何年?何十年?生かされるか解りませんが、
母親や家族、周りの人のせいにしない生き方を選んで良かったなっとも思ってます。
母も色々と思う事はあるでしょうけど・・・。

時には第三者の目も必要で
精神科医の先生やカウンセラーさんと相談しながら
自分自身で答えを出して、
身体治療に進もうとしている方、
身体治療を選ばない方、
千差万別ですが・・・
身体治療を選んだ場合は命と隣合わせにある治療であることを
念頭に専門医の先生方の力をお借りしましょうぞ!

そして僕の今は・・・
次の『なりたい自分(生活環境ね・・・)』を思い描いて日々精進中です(^^)
何事も諦めたらそこで終わりなんですな。
セクシャルマイノリティーって千差万別で
当事者自身も迷ってしまう事もたくさんあるけれど・・・
自分自身と向き合う事が何よりも成長出来る方法っと学びました。
『誰がこうした、誰がどうした・・・』ってグチを言う前に
自分自身と対話して想像力豊かに次へのステップを進んで行こうと思います。

戸籍の性別変更完了してしまうとBLOGを辞めてしまう方も多いですが、
このクソ真面目BLOGはこれからも続きますm(_ _)m

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com