生命保険Category Archives

ちょっと休憩…生命保険とGID

ここ何回かマジメ内容が続いたのちょっと休憩を(笑)

数名の方から質問を受けている生命保険について。
僕の経緯を簡単にまとめておこうと思います。

まず、保険に加入したのは小学生の頃。親が始めた保険です。
その保険を就職してから僕自身が引き継いで毎月支払ってきました。

[1] 胸オペ時の申請内容
地区の担当者に連絡。驚かれるも本社に問い合わせ頂き、
『精神医学学会規定のガイドラインに沿っていれば適応できる』
言うことで受理される。

このときにホル&胸オペ時の診断書とジェンダークリニック、
胸オペを執刀した先生の証明書が2通が必要になりました。

それと生命保険会社の書類に必要事項を記入。
病名?はもちろんGID・乳房切除術 

金額的には少額だったけど還付される。

[2]内摘術の時
また担当者に連絡。
必要書類を聞くと手術をした病院の領収書だけでOKとの事で
領収書と生命保険会社の書類に必要事項を記入。これで完了だった。

病名?はもちろんGID・SRS術でした。

還付金は女性特約がついている保険だったので
かなりの額が戻ってきました。本人もビックリです。
全額以上戻ってきた(^_^)!

各保険会社によって対応も違うと思いますので
加入されている保険会社に問い合わせてみてくださいね。
あとカウンセリングをスタートしてしまうと保険加入できないので
その前に加入している場合に限ります。

そう、GID学会でも山口先生が発表してましたが、
胸オペを美容整形院で美容整形として手術すれば
「その期間に生命保険に加入できる」
ってな事を言ってたけど、その関係で美容整形になっちゃたのかな?


何はともあれ
『精神医学学会規定のガイドラインに沿っていれば適応できる』
とのことでここ重要です。

全額以上戻ってきた(^_^)!

SRS(内摘)術の生命保険給付金が戻ってきた。

しかも・・・手術代全額以上の額で通帳を確認した時はこんな感じ

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!

いや〜ビックリしました。

内訳の書類が届いたので確認すると・・・
どうも女性特約の部分でかなりの額を給付されたみたいだ。

まだ20代の頃、性同一性障がいと言う言葉も疾患も知らず、
親から引き継いだ保険を何となくやっていて、
何となく勧められた内容に変えた覚えはあった。。。

それが!!!!!

こんな時にこんな報い?があるなんて思いもしなかった。

内訳を見た時はもちろん複雑な想いがあったんだけど・・・
それでもマジメにコツコツと貯めてきたものが返ってきたんだな〜っと思う事にして、
ありがたく恩恵受けておきます。

しかし・・・全額 + 10万 って。

考えもしなかった額だ(笑)
結局内摘は実質0円で出来てしまった(◎-◎;)

生命保険は性同一性障がいの治療を始めてしまうと
加入できなくなるので治療前に考えた方がよさそう。

でも給付金を頂くにはガイドラインに沿った治療と
診断書が必要になるのでご注意を!

社会はガイドライン・診断書と言う名の元にGIDを僕らを
理解してくれようとしています。感謝(^人^)

還付金

生命保険の還付金が戻ってきました。

全額の2割という、
ちょっと期待してた額よりは少なかったんですが(苦笑)
有り難く頂きました。めっちゃ助かります。

某大手生命保険

だった訳ですが、、、
動じることなく迅速な対応に感謝ですって言うか・・・
マニュアルを作成し対応してくれたってところがとても大きい。
もちろん同志先輩方のおかげなんですがm(_ _)m
健康保険に通じるところもありますからね〜。

民間は認めているのに、
毎月生命保険の倍もの額を支払っている国民保険が
なぜ?認めて前へ進もうとしないのか???


って感じで理詰めでいけそうな気がします(笑)

理詰め、、、嫌いな方は嫌いでしょう。。。(笑)

でも、国を相手にするならば感情論だけでは決して通らない・・・
多少の理詰めは必要な気がしてます。

BLOGではマジメな話ばかりしてますが・・・(笑・どこが?)
Twitterでは軽め(軽すぎ?)の話もしてますので是非〜Follow Me!!

@CYUSUKE_F

他の方に知られたくない場合は自分自身のTwitterを
非公開にすれば完全に秘密になるので大丈夫ですよ〜!!!(笑)

生命保険

今日も暑かったですね、相変わらずバンドも暑いっす。
でも、昨日より

『ズッキ〜ン』(痛ッ)

の回数が減って、かなり楽になりました。
(それより歯が痛い(苦笑))

年を重ねてからの治療なので、回復は若い人の倍、かかることは承知の上〜。
それでも、こうやって日に日に良くなっていくんだな〜を実感中。
傷ついた身体でも鏡を見るたびにやっと自分らしくなったと思える。
胸オペしたことに後悔の『こ』の字もありません。

さて、僕は埼玉医大7泊入院コースで手術をしましたが・・・
総費用75万円かかりました。それなりですね。
なので、カードローンで数回に分けて支払うことにしました。。。

それでも次のことを考えるとちゃんと生命保険会社に申請して・・・
いくらかでも還付金をもらった方がいいと思い、
勇気を出して某大手生命保険(最近上場した)に電話連絡。

そう、子どもの頃から親が入っていた保険を就職してからそのまま引継ぎ、
担当者さんともかなり顔見知り。。。迷いましたよ〜連絡するか????
本社に電話して対応してもらうか?

でも、いずれバレるなら今ここで逃げても仕方ないと思って・・・
顔見知りの担当者さんに連絡しました。

『性同一性障がいで〜』っと言う話を始めるとかなり驚いた様子。
『TVで見たことはあるけど身近にあるのは初めてだ』との返答。
そりゃ〜そうだ!

それでも本社に確認して再連絡をくれるとのことで少し待ちました。

で、しばらくしてかかってきた電話で・・・
『精神医学学会規定のガイドラインに沿っていれば適応できる』
との返答を頂く。

あぁ〜、某大手生命保険会社さんもGIDに関しての
マニュアルをちゃんと作成してくれてたんだな〜と少し嬉しくなりました。
だって、性同一性障がいが社会的に認められてるって事ですもんね。
そうするとかなり胸をはって生きて行くことができると思うんです、当事者の僕ら。
これは本当に有り難い結論でした。
しかも、担当者さん・・・最後の方は落ち着いた口調で傷口の心配までしてくれて、
とても嬉しかったです。

で、先週の木曜日の検診の日に証明書を
医大とジェンダークリニックの方に預けて書いて頂く手配まで完了しました〜。
書いて頂くまで2〜3週間はかかるみたいだけど、有り難い話です。

『そんなのおりる分けない!』と言っていた母も・・・
性同一性障がいが社会的に認められた疾患であることを再認知したみたいです。
少しは肩の荷が下りてくれるといいけどな〜。

まだ幾ら戻ってくるのか解らないけど・・・
手術を考えている当事者の方は加入できるうちに加入しておいた方がいいですよ!

ってことで。。。まだ今日で12日目。
術後2週間までは早寝遅起を鉄則にします〜(笑)

審査やいかに?by簡保保険

SRS手術にも生命保険から還付金がおりるなんて
話をちらほらと当事者BLOGで見かけます。

自分も何個か入っているんだけど
入院特約とか付いてるやつはひとつ。

今日は簡保養老保険の毎月額見直し相談に郵便局へ行って来ました。
そこで局員の方から・・・養老保険より
入院特約とか付いてる方がいいのでは?と進められ
これからの事を考えると付いていた方がいいかな〜と思い
そうすることにしました。

保険加入したことある方なら解ると思いますが・・・
診察・投薬・身体状況を聞かれるんですよね。
しらばっくれて全て『いいえ』にしちゃおうかな〜っと思ったんだけど
それでは意味がないと思い、

『薬とか飲んでないけど・・・精神科にカウンセリングに通ってます』

っと正直に伝えました。

で、どこの病院に通っているのか書いてくれといわれ。。。

『かわごえジェンダークリニック』

ときちんと書き・・・書類提出してきました。

あとは審査待ちです。

おそらく病院名を調べればどんな所か解るだろう。
対応してくれた若い女性局員の方は病院名を見ても
変わることなく親切に対応してくれたけど・・・

GIDカウンセリング診察中申告を受けて・・・
結果は一体どうなるんだろうか?!
ちょっと楽しみでもある。

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com