SRS手術Category Archives

両方の目で見ること。

こんばんは!
禿が目立たないように両サイドをバッサリ切ってきました。
そう、ネイマール(サッカー選手)風に(笑)あくまでも『風』ですが(笑)
多少はM字が目立たなくなったような。。。(笑)

最近、ちょっと次の手術を考えてみようかなっと
それにはどれ位の費用が必要なのか?調べてみました。


もちろんタイも候補に入っていて・・・
直で受ける場合とアテンドさんにお願いする場合と・・・
色々な角度から見てみて思った事は数あるアテンドさんにお願いするときの金額って・・・
もはや・・・日本とあまり変わらない?!

あとアテンドさんのBLOGには手術記が掲載されているものの、、、
アテンド経由で手術した方々の手記(BLOG)が見当たらない。。。

僕は何に対しても『両方の目で見る』事を大切にしているので
アテンドさん側の目でしか見ていない手記だと心許ないな〜と感じる。

アテンドさん経由でタイもしくは日本で手術を受けた方!
情報あったら教えて下さい!

まぁ〜・・・僕の場合、次の手術は
資金やリスクを考えるともう少し先になりそうですが・・・(^^;)

日帰りオペはガイドライン外になる?!

性同一性障害に関する診断と治療のガイドラインが改訂されるようですね。

一番の目玉?はやはりここ数年問題になっていた日帰りSRS術に関して。
入院施設のない病院はガイドラインから外れるようです。
詳しい改定内容に関しては下記URLページを参照して下さい。
「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第4版)」一部改訂のお知らせ

一昨年の胸オペ死亡事故や日帰り退院後の救急対応、
色々な事柄が重なってルールが厳しくなってしまったようです。

そう、結局ルールを厳しくするも、甘くするも当事者次第なんですよ。
逃げ道を作ってばかりいると本当に僕らの住む場所さえなくなってしまいます。

これを見てホッとしました。
若い当事者の方々もどうか自分の身体を過信しないで・・・
安心して受けられる医療機関を見極めて選んで欲しいです(願)

痛みを知っているだけに・・・

あっ!付け足し・・・。

落ち着いちゃったって言っても・・・
最後の(下半身・笑)SRS術を忘れているわけではない。

どうしていくか?
やるとしたらどこでやるか?
手術代の貯金と・・・

2年連続全身麻酔してるから今年は身体を休ませて、
それから次の事を考えたいんだよね。

最近はグッズのフニャ◎◎で(笑)誤魔化し?!
つけてるとやっぱりしっくりくるんだよね〜(笑)
ボクサーパンツにフニャ◎◎。
鏡に映った自分を見るとやっぱりこれだよッ!って納得できる(笑)

当事者以外の人が聞いたらただの笑い話やからかいの対象になるかもしれないけど・・・
当事者は至って真剣に考えてますのであしからず(笑)


って事で戸籍の性別が変更したからと言って
身体の嫌悪感から逃れられる訳ではないって事を実証中です(^_^;)

名前が問題なの?

性同一性障がい GID

から

トランスジェンダー TG

に変わりゆく段階なんだろうか?

僕的には名前はどーでもよくて・・・

このカテゴリーやガイドラインが無くなった時に

医療的な部分がガイドラインが出来る前の状況に

戻ってしまうのではないか?

っと言うのがとても心配です。

オペしたいけどどこに行けば手術してもらえるんだろう?

なんて10何年前に戻ってしまうんだろうか?

ガイドラインが無くなった場合・・・
医療従事者も減るような気がしてならない〜。
ジェンダークリニックが無くなったりしないよね?(笑)

ガイドラインに拘る理由がここにあります。

1.「ブルーボーイ事件」と「性同一性障害の診断と治療のガイドライン」

全額以上戻ってきた(^_^)!

SRS(内摘)術の生命保険給付金が戻ってきた。

しかも・・・手術代全額以上の額で通帳を確認した時はこんな感じ

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!

いや〜ビックリしました。

内訳の書類が届いたので確認すると・・・
どうも女性特約の部分でかなりの額を給付されたみたいだ。

まだ20代の頃、性同一性障がいと言う言葉も疾患も知らず、
親から引き継いだ保険を何となくやっていて、
何となく勧められた内容に変えた覚えはあった。。。

それが!!!!!

こんな時にこんな報い?があるなんて思いもしなかった。

内訳を見た時はもちろん複雑な想いがあったんだけど・・・
それでもマジメにコツコツと貯めてきたものが返ってきたんだな〜っと思う事にして、
ありがたく恩恵受けておきます。

しかし・・・全額 + 10万 って。

考えもしなかった額だ(笑)
結局内摘は実質0円で出来てしまった(◎-◎;)

生命保険は性同一性障がいの治療を始めてしまうと
加入できなくなるので治療前に考えた方がよさそう。

でも給付金を頂くにはガイドラインに沿った治療と
診断書が必要になるのでご注意を!

社会はガイドライン・診断書と言う名の元にGIDを僕らを
理解してくれようとしています。感謝(^人^)

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com