GID保険適用Tag Archives

精神医学8月号

性同一性障がいの特集だったので購入して読みました。
時間がある今なので・・・
その中から
・思春期のホルモン療法
・健康保険・・・
この2項目について。
共に中塚先生著です。

【1】思春期のホルモン療法
2011年、大阪医科大学ジェンダークリニックが小六のMTF児に対して
第2次性徴を前にその成長を止めるための
『GnRHアゴニスト』の投与をはじめたことが報道されてました。
※今のガイドラインでホルモン療法を開始できるのは18歳〜。

この『GnRHアゴニスト』とはなんぞや????

第2次性徴の完成後に性ステロイドホルモンによる治療を
開始するより最終的容姿を希望する性に近づけやすい。
また、望まない性への身体変化を一時的、可逆的に抑制しておくことが
有用であると考えられている。9歳〜14歳で投与開始できるとのこと。

って事はかなり幼い頃から治療ができるし、
FTMの場合は胸OPとか必要なくなる可能性もありって事ですね。
これは自分ら世代から言わせてもらうとかな〜り羨ましいですな。

16歳〜はエストロゲンやアンドロゲンの投与可能らしいですし、
って事は・・・18歳未満でもしかるべき医療機関に相談すれば・・・
治療が可能って事なんだね。

未成年当事者も輸入ホルモン投与とか、
自己判断しないで医療機関に相談してください〜!


【2】健康保険
英国や米国のカリフォルニアなどいくつかの州では、
性適合手術の保険適用が認められている。

日本では何が原因で保険適用が進まないのか??
・手術療法の保険適用
2009年にGID学会、日本産婦人科学会、日本生殖医学会から厚生労働大臣へ
『FTM当事者への子宮・卵巣全摘の適用拡大』の要望書提出。
未だ検討中との回答のまま。形成外科学会に関しても同様。

保険適用されないと基本的人権の一部である『本人が望む性での生活』が
経済的な理由で困難となっている当事者も多いことを指摘。


本当ですよね〜、、、これはリアルに先ほど会計がきました(苦笑)
僕は何とかなりましたが・・・また月曜日から頑張って働かなければ次が続きません、マジで。

僕も手術前に厚生省のWEBサイトから質問コーナーで
GID保険適用に関する質問をしてみましたが・・・返答は未だにありません。

金額面でタイへ行く方も多いと思いますが、
今、アテンド会社もイッパイあるようなので相談して行く方がいいと思います。
だたでさえ不安な手術なのに・・・
言葉が解らないとなるとさらに不安が倍増しちゃうし、
合併症にも気をつけなければなりませんからね。
>>タイでの性適合手術ページにアテンド会社ひまわりさんに
お聞きした内容をまとめてありますので是非読んでみてください。

って事で・・・退院前夜の締めくくりはマジメくんで(笑)。

精神学会8月号の約半分がGIDに関する記事なので・・・
興味のある方はぜひ読んでみてくださ〜いッ!
>>精神医学8月号


Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com