謎の胸痛

こんにちは!ちゃんと生きてます、、、のちゅうすけです(笑)

数年前より謎の胸痛に悩まされてました。
胸オペの傷が痛いのか・・・?
はたまた内臓か・・・?
色々と検査しても解らず、傷跡がある訳だから仕方ないのかな〜と思っていたら

なんと!

胸筋の凝りから来ていると言うことが解りました(°0°)
胸筋が凝るなんて今まで考えた事もなかったのビックリでしたが
PC仕事をしている人に多い症状だそうです。

PCに向かっていてフッと気づくと前屈みになっているなんて事はありませんか?
そういう姿勢が腕の付け根から胸の中心に向けて凝るんだそうです。

肩こりも胸筋の凝りが原因になっている事もあるんだそうで。。。
何をやっても肩こり、背中の凝りがとれない方は
胸筋をマッサージしてみると楽になるかもしれません。

僕はテニスボールでコロコロしてます。
痛みはだいぶ軽減されました。

傷跡の痛みだと思ってきたので、、、
改善方法が見つからず「どうしたもんじゃろの〜」の考えていたので
一気に目の前の霧が晴れた気分です。

血流が良くなる = ホル注のきき も良くなるんだろうか?
なんて思いながら最近はストレッチ重視にしてます。。

FTMは胸を隠す為に前屈になりやすいので・・・
肩こりの人も多いのかもですね、、、。
『小胸筋』をケアすると良いことづくめだった!-NAVERまとめ

健康に過ごせる事が何より人生を楽しむ方法であるっと思う僕は
更に健康にきづかって生きたいと思いますッ!

未来へつなぐ

毎回、健康診断の話ばかりになりますが・・・(笑)
夏本番も意外と元気なちゅうすけです。

あまり色々な事に気にならなくなる生活をしていると
書くことも格段と減ってしまいますね。。。
自分的には禿進行してますが、全く治療した事に後悔はありません。

そして、このBLOGは自分の治療で得た知識を『未来へつなぐ』事をテーマにしてきました。
なので、カウンセリング記から手術、戸籍変更、またその後の生活を書いてきました。

戸籍変更まで終えてしまうとBLOGも辞めてしまう方が多かったり、
その後、どういった生活をしているのか?解らなくなってしまったりで
不安を感じている当事者も多いと思います。治療前の僕もその一人でした。

なので、ホル後の健康診断もまめにしてきたし、記録も全て残してきました。

6月に受けた健康診断の結果も全く問題なく、悪玉コレステロール値も下がってました。
動脈硬化が気になっていたので、CAVIと言う検査を受けてみました。
動脈の硬さは年相応、詰まり程度は正常との事で全く問題ないみたいです。
若干、血圧高めなのは気になるけどまぁこれも年齢的には仕方なしなのかも。

って事は・・・
きちんとした間隔・量さえ守っていれば、ホルモン療法は
全く危険なものではないっと結論づける結果が出た事になります。

だから生活習慣病に起因してくる問題なのではないかな〜。。。

あとはやはり手術をしている分、寒くなったりすると傷跡が痛くなったりはします。
これも年齢的なものかもしれないけど(笑)

男ホルを打っている事によって筋肉の付き方が変わって、
僕は筋肉が硬直してしまうようで、それが一番辛い(笑)
あまり筋肉をつけすぎるのもよくない人がいるようで。。。
現在は近所に出来た血流療法へ通ってたいぶ和らいできたけど、
筋トレしたらやはりメンテナンスは必要のようだね。
あと筋肉がついた分、1日の摂取カロリーも変わってくるので、
食事はキッチリとしないと不調になる可能性があるのかな。
僕もたまに軽食で済ますと手が震えます(笑)
でも食べると治るのでエネルギー不足から来るものだと確信してます。

そんなんでホル補充が原因による不調は頭髪とたまに来る精神不安定だけになりました(笑)
これから治療する方々へ何らかの参考になればこれ幸いです。

GIDじゃないけど上手くまとまっているページ

こんにちは。暑い日が続いてますね〜(^^;)
35度近くまで上がったと思った次の日には20度まで下がったりと・・・
まるで地球も更年期に入ってしまったような気候ですね(笑)

更年期ってなんぞや?っと経験した事ない方には
この気候変動が体内で起きているって思って貰えればOKです(笑)
この温度差が身体的にシンドイ時もあるのです。
あくまでも更年期障害の中のひとつの状況にすぎないですが。

GIDにとってホルモン投与はとても大切で欠かせないもの。
今日、色々と調べていたら男性更年期障害のWEBページを発見しました。
メンズヘルスメディカル:男性ホルモンによる男の悩み解決サイト
凄く解りやすくまとまっているので・・・
GID用でなくても参考になると思います。

僕ら、ホルモン療法を始める前にかなりビビッていた事もあり、
中にはホル注していると40歳まで生きられないなんて都市伝説的説も出ていたりして(笑)
心配だった事を覚えていますが、このページを見ると決して危ない治療ではないようです。

まぁ、僕ら身体の性の生殖がなくなっているので、
全て当てはまる訳ではないけれど・・・ちょっと具合悪いなっと思ったら、
テストステロン値を計測する検査を受けるなどした方がよさそう。

僕の友人も心臓で2回倒れた事もあり、
もしかしたら性ホルモンが足りていないのではないか?と思ったりしたんだけど、
(友人の場合は心労が重なった事が要因)
やはり性ホルモンの減少が心筋梗塞を招く事も解ったみたいで・・・。
僕はネビドに変えたことでかなり安定してます。

何はともあれ、内摘してしまった以上、ホル補充は僕らにとって
とても大切である事を証明してくれるページになっていると思います。

それと・・・GIDでない男性が見に来ている可能性もあるので(笑)一言(笑)
更年期障害は女性特有のものではなく、男性にもあります!

時間のあるときに読んで見て下さい。
メンズヘルスメディカル:男性ホルモンによる男の悩み解決サイト

LGBTが標的?!

こんにちは。

アメリカのゲイバーでかなり悲惨な事件が起きました。
なんでも、LGBTが狙われてるとか?狙われてないとか?

ん〜・・・僕が医学・科学的根拠を推してきた理由はここにあります。

時代変われば、統治者変われば全く違った見解が出来てしまう可能性がある訳で。
そこを世界共通の医学・科学的根拠を正当に伝えていけば、
全く僕らのような人が生まれてもおかしくないって事が当たり前になるわけです。

実際、人間は受精した瞬間は両性であって、
胎児期に浴びたホルモン量によって性分化していきます。
このことを知っていれば僕らのような人間が生まれてきても
決しておかしくないって事になるんだけど・・・。

当事者がどれくらいその事を理解できているんだろか???
若者の中ではそれを嫌がっている当事者がいるんだろうか????
昨今のLGBT関連を見ていて常に疑問に思います。

世の中に納得してもらうにはそれなりの根拠が必要で、
ただやみくもに僕らの様な人を認めて!って訴えても
中々本質が伝わらなかった10年でもあるからして、、、。
こう言う仕組みがあるから僕らのような人が生まれても当然なんだって
流れに持っていければ揺るがない当たり前を手に入れることが出来るんだけどね〜(苦笑)

こう言うことか〜?!戸籍記録!

こんばんは!
更新するときは続けてするちゅうすけです(笑)

昨日のブログでほぼ男性として生活している事を書きました。
治療開始から6年、ホル始めてから5年目、戸籍変更から3年目になります。
なんて劇的に変化した6年間だったのでしょう。
自分でも意外とまだ月日が経ってないんだな〜とビックリです。

それでももう保険証も男性だし、免許証の名変も終わっているし、
もみあげ、あごひげもそれなりに増えていて、
どこをとっても男な生活になりました。
ただトイレだけがまだネックだね、常に個室だし(笑)
匠のエピの使い心地ってどうなんだろうな〜。

そんな感じで過ごしてはいるんですが、
先日、ちっさな僕の合同会社(笑)の登記が必要でとりに行ったんです。
名変してからは始めての登記取得。
もらってビックリしたのは・・・
そう!名変した事が記載されている!

ありゃま〜こりゃま〜。
そっか〜こう言う事か


と前々から戸籍に性別変更した記載を消して欲しいと
要望していた先輩方の気持ちがやっと分かりました。

今の時代、別に隠す事もないな〜と僕は思っているんだけど
説明するのもめんどくさいな〜って思ってしまい、
出来ればこう言う事は伏せておいて欲しいってな気持ちになりました。

新しく出会った方々にも
もうちっさい男性としてとらえてくれている方々がほぼなので
あえて伝えて相手側に気をつかわせてしまうのもなんかな〜で、
あえて言わない選択をしていますが、
聞かれたら、気づかれたら、別に隠す必要はないと僕は思ってる。

就職関連で戸籍が必要な方もいらっしゃるだろうから、
この辺はまだまだ気をつかわなければならない部分なんだね。
実感。

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com